スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の壁?

凱旋門賞、ディープインパクトが3着に惜敗。
ディープほどのスーパーホースも「世界の壁に跳ね返された」というような報道が多いですね。
でも、
個人的には、「世界の壁」というよりは、「アウェイの不利」と言った方が的確な気がします。

先に英国アスコット競馬場でのキングジョージに挑んだハーツクライも、さかのぼれば1999年の凱旋門賞でのエルコンドルパサーも、同じような負け方をしている。みな、押し出されるように早めに先頭に立ち、最後の最後に後方待機馬に差されるというパターン。力負けと言う意味での「世界の壁」よりは、欧州的な競馬の流れに持ち味を殺されているという意味で「アウェイの不利」なのではないだろうか。

同じ有力メンバーが参戦して日本の競馬場でやったなら、きっと違う結果になると思うし、そこでは流れや馬場を含めて日本馬には「ホームの有利」が働くと思う。サッカーだって、同じカードでホームとアウェイでの試合をして総合して結果を出すように、何にしてもアウェイでの不利は歴然としてあるわけで。

実際、欧米でのG1を勝った日本馬はすでに複数出てきており、少なくともディープインパクト(やハーツクライ)はすでに世界レベルと思う。

勝負の世界だから、2着でも3着でも「負け」は「負け」。
とはいえ、あまり悲観しない方が良いようにも思うのは自分だけだろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント

お久しぶりです。ディープインパクト、残念でしたね。こうして文章にまとめていらっしゃるところをみると、結構ショックを受けていらっしゃったのでしょうか? という気がします(笑)。

はい、やはりね、それは否定できないです。
でも結果を報じたParis Turf紙などを見ると、ディープこそ本当に強かったという評価をしてくれているので、少しホッとしましたよ。

ただ今年限りで引退となってしまい、来年リベンジが見られないことは、これまた残念ですけどね。
プロフィール

かずなり

Author:かずなり
神戸在住の国際関係研究者。
赤ワインとチェコビールと蕎麦と栗を愛す。
競馬は欠かせない。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。