スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あぁ凱旋門賞

世界最高峰のレース凱旋門賞。
メイショウサムソンの挑戦は10着という結果だった。
昨年2007年は馬インフルエンザの影響で出走を断念し、2年越しの出走にこぎ着けた。
中距離での目下の日本最強馬であり、以前のディープインパクトほどではないにしても、日本国内での期待は大きかった。

しかし結果は厳しいものだった。良いスタートを切ったものの、道中は他馬に体をぶつけられて後退し、後方からの直線勝負に賭けることに。

一瞬、前が空き、そこをつけば先頭集団に躍り出ることも可能な場面があったが、馬群にもまれてスタミナを激しくロスした後で、そこまで力は残っていなかったようだ。
優勝したフランスの3歳牝馬ザルカヴァがほぼ同じ位置から直線突き抜けていったのとは対象的に。

今回は名手・武豊ですらサムソンの力をすべて引き出す騎乗はできなかったように思う。
かつてエルコンドルパサーが先行し逃げて2着に粘ったことを思うとき、良いスタートから逃げるくらいの戦法はなかったのか。
「たら」「れば」は禁物だが、力負けというよりも、戦略ミスのような印象が強い。

このレース、長い歴史のなかで、欧州調教馬以外の優勝はない。
でも日本馬の挑戦の歴史は浅い。
「あぁかなわない」というより、「こうすれば勝てるのでは?」という思いの方が強まった一戦だった。
サムソンは今年いっぱいで引退だが、新たな日本最強馬の来年以降の挑戦も楽しみにしよう。
スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント

プロフィール

かずなり

Author:かずなり
神戸在住の国際関係研究者。
赤ワインとチェコビールと蕎麦と栗を愛す。
競馬は欠かせない。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。